日々の暮らし

朝起きて、顔を洗って、ご飯を作って、食べて。

服を選んで、靴を選んで。

働いて、疲れて眠る。


日々の暮らしは案外淡々と過ぎてゆく。


なるべく新鮮に、ちゃんと丁寧に暮らしてゆきたいと思う。

けど、なんだかんだと慌ただしくって、なかなか思うに任せない。


「暮らす」というより「暮れる」に近い。


そう。日々が淡々と暮れていってしまうから、

小さなこだわりの詰まった「暮らす」に憧れるのかもしれない。



文:大久保元彰




(c) ookubo architects  Instagram

設計事務所|大久保一級建築士事務所|埼玉 埼玉県