A邸プロジェクト

用途:住宅  

所在地:-  

敷地面積:613.41m2  

延床面積:136.21m2  

設計:株式会社アライ設計  

担当:大久保元彰

他2名(基本設計・実施設計)  

ご要望はキッチンから見渡せるリビングダイニングと、上下階を繋ぐ開放感のある吹抜でした。将来的な敷地分割を考慮した結果、西側に主な開口部が面する事になりました。西日を防ぎながら庭とつながれる軒の深い縁側のような場所を設けました。1階の縁側は全開して庭とリビングがつながれるように、2階の縁側は光を慎重に取り入れるように。吹抜を中心としたこの家はいたるところに家族の居場所があり、家族の気配があります。

(c) ookubo architects  Instagram

設計事務所|大久保一級建築士事務所|埼玉 埼玉県