01-0203 アプローチ.jpg

大宮の老健施設 通所リハビリテーション棟

用途:介護老人保健施設、

​   医療型障がい者短期入所施設

所在地:さいたま市西区  

敷地面積:9,761.02m2  

延床面積:801.23m2  

設計:株式会社アライ設計  

担当:大久保元彰 他1名  

​施工:共栄建設株式会社

既存の老健施設の増築棟として立てられました。増築棟では既存棟から道路沿いの桜並木、曲面の輪郭、鋼板縦ハゼ葺きをそれぞれ引き継ぎながら、桜を見ることのできる食堂から全開口で連続したテラスを大胆に設けました。車椅子の方が安全に、桜の下で過ごすことができたら嬉しいのではないかなと思いご提案しました。脱衣室の前にはゆったりと寛いで髪を乾かせる湯上がりラウンジを設けました。2階は勾配天井を活かした医療型短期入所施設となっています。

(c) ookubo architects  Instagram

設計事務所|大久保一級建築士事務所|埼玉 埼玉県